OjP4HjgqtEvBAthJFtOUVIlwUpEKCkQKPhNtnevPRuc

音活~On Katsu~

thank you for coming 😍🎸✨全力で音楽プレイヤーさんを応援するブログです!🎸✨🌈~Since2019~

【ボーカルやりたいけど楽器できないし自信ない】ちょっとだけ自信が持てるようになる思考

 【ボーカルやりたいけど楽器できないし自信ない】ちょっとだけ自信が持てるようになる思考

f:id:amechika:20210311004016j:plain

Photo by George Apodaca on Unsplash

thank you for coming !😆今回はタイトル通り、『ボーカルやりたいけど楽器できないし自信ない』と悩むプレイヤーさんに向けて、『ちょっとだけ自信が持てるようになる思考』をまとめた記事にしようと思う。参考になりそうなものがあれば、採用してみてね。 

楽器ができなくても大丈夫

最初に私の個人的な考えを言うと、『ボーカルとしての在り方次第では、楽器はできなくてもいいよ』という感じ。

 

音楽をやっている人の中には「おいアメチカ(私)、何テキトーなこと言ってんだ」という人もいるだろう。

でも、私が今回語りたいのは、『ボーカルとしての在り方次第では』という部分についてだ。

 

実際のところ、楽器ができなくても輝いているボーカルは沢山いるのだから、そんなボーカルたちの共通点を参考にしつつ、アナタの中でボーカルとしての在り方が定まりさえすれば、ボーカルとして輝く可能性は十分にあるんだよ。

 

私がアマチュアながらに感じたことを書いてみるから、気になったら読み進めてみてね。

『楽器ができないというコンプレックスをかき消す何か』を探す

f:id:amechika:20210313023918j:plain

Photo by Ryan Cheng on Unsplash

私が最も大切だと思ったのは、『楽器ができないというコンプレックスをかき消す何か』を持つということ。

 

例えば、ライブでガンガン動ける(パフォーマンスが上手い)だとか、声量がある、リズム感が良い、度胸がある、、、とにかく「楽器はできないけどココは負けない」などという、つまりアナタの『強み』となる部分だ。

 

ただ気付いていないだけで、そんな部分がアナタにもあるんじゃなぁい?☆+。

 

ここで1つでも自分の強みに気付いて、その強みを育てていけさえすれば、楽器ができないことに対するコンプレックスはいつの間にか薄れていくと思うのね。

 

もしも「まだライブに出たことがない」「バンド経験がない」などという状態だとしてイメージが付き辛いのなら、「こんなボーカルになりたい」という『理想のボーカル像』を自分の中で見立ててみると良いかもしれない。

 

いますぐにでも、「自分のココを極めたら理想のボーカルに近づけそう」と思う部分を探してみて欲しい。

 

少ないけれど、 私が思う『ちょっとだけ自信が持てるようになる思考』はとてもシンプルなのだ。

「ボーカルは楽器をやった方が良い」といわれる理由

最後にあと1つ、『ボーカルは楽器が出来た方が良い』と言われる理由について考えたことはあるかな?★:゜

 

もう少し掘り下げた部分を知ればボーカルの見方が変わってくることもあるから、興味が沸いたら、下の記事も覗いてもらえればと思う。

 

主に『楽器をやったらこんなメリットがあるよ』という 内容のものになっている。

amechika.hatenablog.com

LastWord&Notice

f:id:amechika:20210310231004j:plain

Photo by Arthur Miranda on Unsplash

頼りない記事に仕上がってしまっていたらゴメン😢

でも、少しでも自信に繋げてもらいたいという気持ちを込めて、今回のテーマを選びました☆:。アナタが前進するキッカケとなれれば嬉しみです🤧✨

 

ではでは、最後まで読んでくれてありがとう🤧💖✨

 

ブログランキングに参加中なので、クマちゃんヨシヨシしてもらえるともっと喜びます💘🐻↓↓↓


人気ブログランキング

 

thank you for reading this to The end!👀✨🌸

Please enjoy the music !!😊✨🌈🎸 

プライバシーポリシー お問い合わせ