OjP4HjgqtEvBAthJFtOUVIlwUpEKCkQKPhNtnevPRuc

音活~On Katsu~

thank you for coming 😍🎸✨全力で音楽プレイヤーさんを応援するブログです!🎸✨🌈~Since2019~

【バンドボーカルの"そこ気になる"!】カラオケとの違い&練習方法

【バンドボーカルの"そこ気になる"!】カラオケとの違い&練習方法】

f:id:amechika:20190619142439j:plain

http://o-dan.net/ja/

thank you for coming!🌼塙 彩希~❁Saki Hanawa~❁🌼 です🤟😎✨今回はバンドボーカルがらみで、『カラオケとの違い&カラオケでの練習方法』をテーマにしたいと思う。記事の途中に、私が自分なりに試したカラオケでの練習方法なども書いているから、気になっているならぜひ読んでみてね。👀✨

●2022/05/18編集済●

バンド(スタジオやライブ)とカラオケの違いについて

まずは私なりに「バンド(スタジオやライブ)とカラオケはココが違うなんだな」と思ったことを3つにまとめるよ。🙋‍♀️high‼️

 

1:スタジオやライブハウスに慣れるまでは、マイクを通した自分の声に違和感を感じたり、音程がとりづらかったりする。一方、カラオケではエコーもしっかりかかっていて、声と曲の音量バランスがとれているように聴こえる。


2:カラオケはインプットされた曲がほぼ原曲通りのリズムや音程で流れるけれど、バンドで合わせる場合、それぞれの楽器が生演奏をする中で、自分(ボーカル)がそれなりに楽器隊をリードしなくてはならない。


3:スタジオやライブではもろに自分の声が現れるから、カラオケのように『ちょっとした部分の誤魔化し』がきかない。

 

私もバンドボーカルになってみて味わった感覚だったけれど、確かに、「バンドでボーカルとして歌うのと、カラオケで歌うのとでは全然違うんだな」と、しみじみ感じた記憶がある。

音楽をやっている人たちの間で「スタジオで歌うのとカラオケで歌うのとは全然違う」「カラオケが上手いからといってバンドで上手く歌えるわけじゃない」などと囁かれているのも、きっと上の3つのようなことが実際に影響しているんじゃないかな🥺違ッテタラゴメンヤデ💦

 

でも、カラオケでバンドボーカルとしての練習ができないこともないから、次に『カラオケでの練習方法』について書いていくね。🎙💃✨

バンドボーカルさんに実践してほしいカラオケでの練習方法

f:id:amechika:20191012225807j:plain

http://o-dan.net/ja/

ここからは、バンドでも活かせられるカラオケでの練習方法を書いていくけれど、コピーorオリジナルによっても異なるだろうから、当てはまるもので試していないことがあれば、やってみて欲しい。✨🥺

 

・エコーを消す&曲のボリュームは下げ気味に

既にご存知のボーカルさんも多いだろうけど、できるだけスタジオに近い状態を作るためにエコーを消すのは、ほぼ絶対条件といって良いと思う。

 

また、曲の音量を下げて、自分の声が聴こえすぎるくらいの設定がおすすめだよ。🎙☺️

というのは、「ボーカルの声が聴こえづらい」などといった場合に、全体の音量が上がり過ぎないよう、基本的には『マイクの音量を上げるのではなく、楽器の音量を下げる』から、曲の音量が薄い状態に慣れておいた方が良いと思うの🍀

 

・さまざまなキーを試してみる

これは、同じ曲をさまざまなキーで歌うことによって、イントロの音程をスムーズに掴めるようにするためね😎

音の感覚を掴みづらいスタジオやライブでも、歌の入りを安定させやすくなるよ。 

 

・歌詞を見ない

歌詞をしっかり覚えきって「次の歌詞何だったっけ?」という不安を取り除いておくと、声に張りが出るし、息づかいも変わってくるはず。☝️💁‍♀️

譜面などを用いたパフォーマンススタイルでないのなら、スタジオでも歌詞を見ずに歌える状態にしておくのがベスト✨やね☺️

 

・楽器を持っているなら持っていく

カラオケではエレキギターやベースのアンプを通せないけれど、『楽器を持って歌う』というスタイルに慣れるためにも楽器持参はおすすめ。🎸💃✨ 

 

・立ってリズムをとりながら歌う

自分なりのリズムのとり方をいくつか決めて癖づけておくと、間奏部分でも『間』に困らないし、歌入りが早過ぎたり遅れたり…ということも避けられるようになるよ。🎙☺️🍀

そして、とにかく『曲のリズムに素直にノる』ということを意識してやると、さらに全身でリズムをとりやすくなるよ。✨ 

 

ボイスレコーダーやカメラを使って、歌っている姿や声を録音・録画する

マイクさばきやパフォーマンスをカメラで撮って、自分の『見え方』を観察しておくのも、すごくタメになる。

私の場合は、ノリノリで撮ったはずなのに、あとで見てみると「なにこれダサい!」というところを山ほど発見しちまったからな。💃

 

それと、自分が歌えているつもりでも、実際に録って聴いてみると、声が途切れていたり活舌が悪かったりすることも多いんだよね😭

 

だから、気付いたところがあれば、息継ぎをするポイントを変えてみるとか声のアクセントを変えてみるとか…少し工夫するだけでグンと良くなるはずだよ。☺️ 

カラオケを上手く使えば第2のスタジオになる 

f:id:amechika:20190619142419j:plain

http://o-dan.net/ja/

皆が求めている答えに触れられたかどうか心配だけれど、カラオケでボーカルの練習をするのは私にとってデフォルトだから、カラオケでの練習をまだ試したことがないボーカルさんには、どうしても伝えておきたいことを書いたの🌸

 

冒頭に出した、バンド(スタジオ×ライブ)とカラオケとの違いについても、『豆知識』程度に押さえておいてもらえると嬉しい。

 

長くなってしまったけれど、カラオケを上手く使えば、ボーカルのスキルアップにはもってこいの場所だと思うヨ。🎙☺️

 

ではでは、最後まで読んでくれてありがとう🤧💖✨

thank you for reading this to The end!👀✨🌸

Please enjoy the music !!😊✨🌈🎸

プライバシーポリシー お問い合わせ